日本は世界を主導できる 日本と日本企業が進むべき道

印刷

   『世界の未来は日本次第 「B to B」、そして「B to G」へ』(長谷川慶太郎、渡邉哲也、PHP研究所)。2015年2月、発売。1620円(税込)。長谷川氏は、『中国崩壊前夜』など著書多数の国際エコノミスト。渡邉氏は、作家・経済評論家。出版社サイトによると、

「(略)世界は『金融主導型社会』から『実体経済主導型社会』へと変化しようとしている。この『実体経済』を支えるうえで肝になるのが、モノをつくる技術、人材、文化だろう。その点、日本は世界を主導できる立場にある。(略)」

   著者らが示す「日本と日本企業が進むべき道」とは。


   この本に対するあなたの「読みたい度」は、どれくらいですか?記事下の「1クリック投票」からご参加ください。コメントもお待ちしています。リンク先の出版社サイトもご覧ください。

『世界の未来は日本次第』
『世界の未来は日本次第』
世界の未来は日本次第世界の未来は日本次第
長谷川 慶太郎 渡邉 哲也

アジアの覇権国家「日本」の誕生 大波乱: 長谷川慶太郎の大局を読む緊急版 経済国防 突き破る日本経済 (一般書) 中国崩壊で日本はこうなる

by G-Tools
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中