「年収1075万円以上」の要件緩和を 「脱時間給」めぐり経団連会長

印刷

   日本経済団体連合会の榊原定征会長は、政府が検討している「脱時間給(高度プロフェッショナル)制度」について「実効性あるものにするには、(1075万円以上の)年収要件を緩和して、対象職種も広げないといけない」との考えを示した。2015年4月6日の記者会見で述べた。

   「高度プロフェッショナル制度」とは、「働き方を柔軟にして、労働生産性を高めること」を狙いに、働いた時間ではなく仕事の成果に応じて賃金を決める新たな労働制度。ただし、対象者は年収1075万円以上で、研究開発など高度な専門業務に限定されている。

   榊原会長は、現在の年収要件では「極めて限定された社員からスタートになる」と指摘。その一方で、労働組合は長時間労働や健康管理の面で懸念を示している。

   今後、厚生労働省の審議会で詳しい年収要件などが議論される見通し。

時間ではなくて・・・
時間ではなくて・・・
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中