なぜ日本流で優秀な部下は育たないのか? 「数十兆円規模」の世界から学ぶ「非常識」なルール

印刷

   『外資系エグゼクティブの逆転思考マネジメント』(櫻田毅、ぱる出版)。2015年7月3日、発売。1400円(税別)。副題は「成果を出し続けるチームをつくるための非常識な43のルール」。著者は、人材活性ビジネスコーチ/アークス&コーチング代表。出版社サイトによると、

「数十兆円規模の資産運用アドバイスで実績を出したエクセレントマネージャーによる勝ち続ける組織のつくり方。 なぜ日本流で優秀な部下は育たないのか?」
「マネジメントのあり方を勘違いしている 日本のマネージャーに贈る、外資系エリートとの決定的な違いを明らかにした本」

果たして、「非常識な43のルール」の全貌とは。

 

   この本に対するあなたの「読みたい度」は、どれくらいですか?記事下の「1クリック投票」からご参加ください。コメントもお待ちしています。リンク先の出版社サイトもご覧ください。

『外資系エグゼクティブの逆転思考マネジメント』
『外資系エグゼクティブの逆転思考マネジメント』
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中