「あいつ、顔も見たくない。鳥肌が立つ」 その時、あなたの脳内で起きているコト

印刷

   「善く水を制する者が、国を治める」とは、中国古代、春秋時代の斉の宰相、管仲の言葉だそうです。言い回しは他にもあるようですが、この意味するところは、水害等々の災害を治めるためには、その原因である、水をコントロールすることが、天下、国家の繁栄をもたらす・・・ということです。

   現代社会は「ストレス社会」と言われています。昨2015年から50人以上の従業員を雇用する企業では「ストレスチェック」が健康診断として義務化されました。まさしく国家としても「ストレス対策」に取り組んでいるわけです。

   その対策の効を上げるためには、この管仲の言葉がヒントになります。つまり、その因となることを把握して果をあげるアプローチにする必要があります。

人間関係を制する者が、ストレスを治める

水と人間関係の共通点とは
水と人間関係の共通点とは

   筆者は40年間、職場でのメンタルヘルスに取り組み、メンタルヘルス不全事例を調査研究してきました。表面的には、職場環境の問題を装いつつ、その本質的な原因には、どうしても「人間関係」の病理が潜んでいることが多い。

   過重労働や残業なども「上司に嫌と言えない人間関係」が根底にあることが少なくありません。

   つまり、この「人間関係をうまくコントロールすること」が、メンタルヘルスを保つ秘訣なのです。職場のメンタルヘルスでは、「人間関係を制する者が、ストレスを治める」といえるでしょう。

   「嫌なあいつの顔を見ただけで、鳥肌が立つ」と、あるビジネスマンが話していました。寒くて、鳥肌が立つのは分かります。なぜ、嫌な奴を見た・・・という心理的な刺激で、生理的現象が起きるのでしょうか?

   鳥肌とは、皮膚の毛穴が縮まって、チキンスキン、鳥の毛をむしった後のようになることです。いわゆる「体温調整反射」の一つ。ストレスによる交感神経の緊張が背景にあり、怖い話や感動的音楽を聴いても、鳥肌は立ちます。脳は良いストレス、悪いストレスでも同様に反応するのです。

佐藤隆(さとう・たかし)
現在、「総合心理教育研究所」主宰。グロービス経営大学院教授。カナダストレス研究所研究員。臨床心理学や精神保健学などを専攻。これまでに、東海大学短期大学部の学科長などを務め、学術活動だけでなく、多数の企業の管理職向け研修にも携わる。著書に『ストレスと上手につき合う法』『職場のメンタルヘルス実践ガイド』など多数。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中