ギャル達のアンダーヘア事情第2弾 "ハイジニーナ"に編集長こんどはメチャ興味

印刷

   以前、同コラムでお送りした、ギャル達のアンダーヘア事情

   「全剃り派」のギャルが多くなっていることが明らかとなりましたが、気になるのはそのやり方や、しようと思ったキッカケについてではないでしょうか。

    そこで今回は「ギャル達のアンダーヘア事情第2弾!」と題し、現在「全剃り」真っ最中のギャルAさん(27)にインタビューを決行。その思いについて語ってもらいました。

"真っ最中"のギャルにインタビュー

真っ最中のギャルA(27)さんにインタビューを決行
真っ最中のギャルAさんにインタビューを決行

   ――まず、なぜアンダーヘアの脱毛をやろうと思ったのか教えて下さい

   「1番は水着になる時に処理が大変だと思ったのがキッカケです。18歳の時に、医療脱毛でV・I脱毛をやっていたんですけど、その時は痛みが辛くて途中でやめてしまって...。それが原因なのか何となく毛が濃くなったように感じはじめて、それだったらもうハイジニーナにしたいと思ったんです」

   ――脱毛の理由は分かったんですが、ごめんなさい、ハイジニーナって何ですか?ハイジ?ニーナ?(笑)

   「最近では、アンダーヘアが全くない状態のことをハイジニーナって言うんですよ。「全剃り」っていう響きは何となくイヤじゃないですか(笑)。なので、ハイジニーナって言うのが最近のトレンドですね!」

   ――なるほど、勉強になります。先程、医療脱毛に通っていると仰っておりましたが、なぜ、エステ脱毛ではなく医療脱毛を選んだんですか?

    「それこそV・I・Oのハイジニーナだからこそって感じです。医療脱毛で行うレーザー脱毛は、エステ脱毛よりも早く終わり効果も高いとされているんです。だけど、その分費用が高くなって、私がやっているのだと12万円ぐらいですね。それでも、昔と比べたらかなりお得になっていると思いますよ」

trend_20160715134718.jpg

   ――そのぐらいの費用で出来るものなんですね。では、1回の施術時間はどのぐらい掛かるものですか?

   「あっという間ですよ!時間で言うと大体30分ぐらいです。やり方としては、最初にお姉さんがアソコをT字で剃ってくれて、その後、機械を当てていって終わりです」

   ――えっ!そんな簡単なものなんですか?終わった後はシャワーとか浴びたりはしないんですか?

    「特にシャワーを浴びることはないですね(笑)。もうお姉さんにお任せしているってのもあるんですけど、終わったらアソコを拭いてもらって終わりですよ」

   ――何だかお姉さんへ託す感じが伝わってきました(笑)。脱毛している時は、以前のように痛みは伴うものですが?

    「ぶっちゃけ痛いです。でも私が18歳の時にやってた時と比べたら、余裕で絶えられる痛さです。以前の時は麻酔クリーム塗ってでも痛かったぐらいでしたから...」

   ――ちなみにその痛みってどういう感じですか?

   「んーーー。眉毛を抜く時「いた!」ってなりますよね?その感覚と似ていて、それが何回も続く感じですね。Vラインは全然痛くなくて、やっぱりIラインといった皮膚が薄い箇所になると「いた!」って体が反応します。まぁでも痛いけど、その分、ツルツルになるって思えると頑張れますね。痛いって言っても結果的には絶えられる痛みなので!」

【grp】 grpとは「ガールズ・リサーチ・プレス」の略で、「ギャル診断テスト」を受け、合格した正真正銘のギャル限定の会員で行われるリサーチ&ランキングからなるエンタメサイト。平均17.2歳、全国各地のギャルたちからアンケートを収集し、そのデータをもとにランキング形式で公開している。流行に敏感で、流行を作り出す「ギャル」オンリーのリサーチ情報なので、通常のランキングとはひと味違う近未来予測的なものとなっている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中