<ざっくりハイタッチ>
「フット後藤結婚」祝ってやるもんか!ひねくれ共演者たちの本心は「オメデトウ」

印刷

   千原ジュニア、小籔千豊、フットボールアワーの4人が『唯一無二』の企画に挑む。フット・岩尾が彼女と破局したこと(本人は同棲を解消しただけと言い張っている)が発覚したのもこのトークで、フット・後藤の結婚のきっかけもそのトークだった。

「私、この度、結婚することとなりました」に千原ジュニア、小籔千豊ら無反応

   この日は「緊急!!ざっくり独占放送 祝結婚!その裏側に迫る」ということで、フット後藤がまず小籔千豊の結婚12周年のお祝いである。小藪のプロポーズ話を長々と聞いていた後藤は「違う違う違う…いつの話してんねん!!」と全力のツッコミを入れる。

   すると、ジュニアが「実はもうひと方」と言い出し、「そういうことか」とようやく自分が話の主役であることに気付く。「ぼく結婚ですやん」と自分から切り出すが、なぜか周囲の反応は冷たい。「そうなん。じゃあ、喋ったらいいやん」と気乗りしないふうだ。後藤がしゃべり始めると、わざと水をこぼしたりする。「私、後藤輝基は番組でですね、プロポーズ致しましてですね、この度、結婚することとな~りました!」と言うが、何の反応もない。「なんやねん これ」

   意地でも祝わない、他の番組と同じことはしないというのは面白いが、後藤のツッコミ芸をいかなく発揮させたという意味では、本当によくできた『唯一無二』の祝いだったのかもしれない。(テレビ東京系 8月31日土曜深夜1時15分~ )

鯖野かサバり

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中