「モーニングショー」宇賀なつみキャスター何があったの!?手首に包帯、あごに絆創膏・・・

印刷

   けさ4日(2016年4月)のテレビ朝日系「モーニングショー」(月~金あさ8時)の宇賀なつみキャスターは痛々しい姿で登場した。右手首に包帯をしっかり巻き、右あごには大きな絆創膏が張られている。

   司会の羽鳥慎一「宇賀ちゃんが骨折してしまいました」

   宇賀「そうなんですよ。週末にお花見に行ったときに転んでしまい、右ひじにひびが入り、ここ(あご)も切ってしまいました」

   羽鳥「どうやらデコボコの足場の悪い石畳だったらしいのですが、お酒飲んでない宇賀ちゃんが骨折するなんて・・・。無防備だとだれにでも起こります。くれぐれも気を付けてください」

   宇賀「しばらくの間、見苦しいところをお見せしてしまいますが、申し訳ありません」 宇賀は終始極まりが悪そうだった。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中