茂木健一郎「なんで下手くそな英語で話す必要あるの」東工大入学式の学長式辞

印刷

   脳科学者の茂木健一郎は4月4日(2016年)の東京工業大学の入学式で、三島良直学長が式辞を英語で述べたことに対し、自身のツイッターで疑問を呈している。「言語自体の間に優劣はない。英語で表現できることは、日本語で表現できるし(ほぼ)、逆もまた真である」「大学の研究室などで、ゼミなどで敢えて英語を使うという話を聞くことがある。しかし、日本人しかいないのに、敢えて下手くそな英語を話す実際上の必要はないと思う」という。

   茂木は時々、読む人の範囲が変わるのを狙って英語でブログを書くと言い、英語だけでなく、日本語も「文脈に合わせて瞬時に切り替えれば良い」「英語を話すことに意味があるのは、東工大の入学式にどれくらい日本語よりも英語の方が得意な学生さんが多数いらした場合だけだろう」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中