長野のスキー場「後ろからクマが追いかけてた」スノボー自撮りチェックしてゾーッ

印刷

   森の中で大きなクマと鉢合わせしたら生きた心地がしないだろうが、すぐ後ろにクマが迫っていたのに気付かず、後から知って肝を冷やしたのはケリー・マーフィーさんだ。ケリーさんは4月9日(2016年)、長野県のHakuba47ウインタースポーツパークスキー場で、大きなヘッドホンをつけ、リアーナの曲を口ずさみながらスノーボードで人気のないコースを悠々と滑り降りていた。

   いわゆる「セルフィー」で自分を撮影していたもだが、映像をチェックして仰天した。滑っているときはまったく気付かなかったが、自分の背後に追いかけてくるクマが何度も写り込んでいたのだ。

かなり大型のツキノワグマ

   クマはツキノワグマとみられるが、かなり大型で、北海道のヒグマのような迫力がある。あまりによくできた映像に、視聴者からは「『フェイクではないか』(偽物、やらせ)」といったコメントが殺到。「クマはリアーナの歌が嫌いなのかもしれない」「クマはただ(アカデミー賞の)オスカーを獲りたかっただけだろう」といったコメントが高評価を得ていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中