尾木直樹「ベッキーの文春宛て手紙。盲目の恋から目覚めひとまわり大きくなった」

印刷

   教育評論家の尾木直樹は4月27日(2016年)、「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音との不倫騒動で休業中のベッキーが週刊文春に送った手紙を、「とても誠実!」とブログで評価した。「週刊文春」(5月5・12日 ゴールデンウィーク特大号」には手紙の全文が掲載されていて、それを読んで「『盲目の恋』から目覚めたベッキーさんに『良かったね...』と声かけてあげたい気持ちになりました」と言う。「もともとのベッキーに戻ってくれた、というよりも一回り大人に人間として成長した。朝から爽やかな気持ちになった尾木ママです」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中