USENがライブドア再建を支援

印刷

有線放送大手のUSENは2006年3月16日、証券取引法違反事件で経営危機にあるライブドアの再建を支援することを決めたと発表した。フジテレビが保有するライブドア株を、USENの宇野康秀社長が個人として約95億円ですべて取得、ライブドア前社長の堀江貴文被告に次ぐ第2位の大株主となる。さらに、USENの「GyaO」などブロードバンドコンテンツとライブドアのポータル(玄関)サイト事業を組み合わせ、両者の収益アップにつなげる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中