TDL開業後初の入場者2年連続減少

印刷

オリエンタルランドは2006年4月3日、同社が運営する東京ディズニーランド東京ディズニーシーの05年度の入場者数を発表。前年度比1.0%減の約2,476万6,000人で、開業後初めて2年連続の減少となった。新大型アトラクション「レイジングスピリッツ」のオープンで入場者増を期待したが、愛知万博開催に加え、冬季の寒さが厳しかったせいもあって入場者数が伸び悩んだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中