国際商品相場高騰

印刷

原油や金、銅などの国際商品相場の高騰が消費財に波及すれば、米連邦準備制度理事会金融政策にも影響を与えそうだ、と2006年4月5日付けの読売新聞が報じた。イラン、ナイジェリアなど産油国の政治情勢の不透明感、メキシコの主要鉱山のストライキによる需給不安、サトウキビを原料とするエタノール普及の予測などで、欧米ファンドが商品相場投資を再開し価格を押し上げているとの観測もある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中