NTTドコモ、クレジットサービス事業に進出

印刷

NTTドコモは、携帯電話がクレジットカード代わりになる携帯クレジット事業に進出する。これまでに約1,200万台を販売した「おサイフケータイ」会員が対象で、毎月1万円まで利用できる「DCMX mini」を2006年4月28日に、5月下旬には20万円以上の与信力を持つ「DCMX」をスタートする。同時に、ビザかマスターカードが付くクレジットカードも発行する。年会費は取らず、クレジット利用料金は携帯電話代と一緒に請求する。いずれも同社が05年12月に立ち上げた「iD」の端末設置店で利用できる。06年4月4日に発表した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中