中国の携帯電話事業立て直しで260億円増資 NEC

印刷

NECは中国の携帯電話事業を立て直すため、湖北省武漢の全額出資の現地法人、武漢NECに約260億円増資したと、2006年4月9日の日本経済新聞が報じた。販売店舗や機種数の削減で生じた損失を処理するほか、高額機種に絞り込んだ展開で巻き返しを図るのが目的という。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中