USB接続できるpHセンサー 山形大

印刷

山形大学は2006年4月10日、物質の酸性・アルカリ性の度合いを示す数値「水素イオン濃度(pH)」などを計るセンサーをUSB端子経由で接続できる「USB変換器」を発表した。同装置を用いて、センサーの測定値をリアルタイムでパソコン上に表示し、データ処理も簡単にできる。同大と共同研究をしている「山形ディーケーケー」のウェブサイトで購入する。価格は5万円(税込)。

山形大が発表したUSB変換器(パソコン左の装置)。左端のセンサーの測定値が、装置を通してパソコンにリアルタイムで表示される
山形大が発表したUSB変換器(パソコン左の装置)。左端のセンサーの測定値が、装置を通してパソコンにリアルタイムで表示される

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中