日本のグーグル、ヤフーに勝てない理由

印刷

   「グーグル支配」という言葉がある。欧米ではグーグルが検索エンジンとして圧倒的シェアを持ち、技術的にも存在感を示しているからだ。しかし、日本ではインターネットユーザーの70%近くがヤフーを使い、グーグルはその半数にしかすぎない。なぜ日本でグーグルはヤフーに勝てないのか。

全世界で、自分の家の衛星写真を見られる。グーグルは、そんなことも可能にしている
全世界で、自分の家の衛星写真を見られる。グーグルは、そんなことも可能にしている

   グーグルの魅力は技術力の高さだ。検索結果を表示する速度、ヒットさせる精度の高さでは群を抜く。それでいて、シンプルで使いやすい。また、スケジュール管理システムや、衛星写真を使ったマップなどサービス分野でも最先端技術を展開している。それが海外で支持される大きな理由だ。
   ヤフーとグーグルの利用者数を比較してみる。インターネット視聴率調査のネットレイティングスによれば、2006年3月の調査では、米Googleのシェア54.5%に対し、米Yahoo!は28.2%だった。さらに欧州ではGoogle優位が目立ち、英Googleは70.4%、仏73.7%、独は66.3%といずれも圧倒的だ。これに対して英Yahoo!は15.6%、仏は11.7%、独は10.1%と大きく水を開けられている(数字は全インターネットユーザーに対する比率)。

ヤフー優位は日本独特の現象

   しかし、日本では状況が一変する。ヤフー検索は64.5%、グーグルが34.7%。MSNが16.0%、gooが5.5%で、日本でヤフーは欧米とは全く違う強さを見せている。
   ネットレイティングス社広報の西村総一郎氏は、ヤフーの検索サービスの圧倒的シェアについて、「日本独特の現象です。ヤフーブランドは日本でそれだけ定着している」と話す。
   ヤフージャパンが設立されたのは1996年1月。グーグルが日本でサービスを開始したのが2000年8月だ。4年半の開きがあり、先行したメリットが大きい、と見るIT業界関係者も多いが、それだけでは無いようだ。
   「グーグル―Google既存のビジネスを破壊する」(文芸春秋社刊)など、IT関連著作の多い佐々木俊尚氏は、「グーグルが、日本国内の有力ポータルサイトと組むことができなかった」のが出遅れの原因と見ている。
   研究者集団といわれるグーグルは、技術を追求するための投資と人財を惜しまないが、ニュース配信やチャット、オークション、生活情報などのソフト提供には関心が薄かった。検索技術がいくら優れていても、それだけではだめで、ポータルサイトと組まなければトータルなユーザーのニーズには応えられない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中