既存のPCをシンクライアントとして使えるセキュリティー対策 日本IBMなど

印刷

日本IBMなど3社は、2006年5月8日、モバイル環境向けのセキュリティー対策(ソリューション)の提供を始めた、と発表した。ハードディスクなどの記憶媒体を持たないPC「シンクライアント」の利用が増えているが、今回発売のセキュリティソフト「ezIPSEC DeskCenter」を、USBメモリを使って通常のPCで起動すると、専用OSが起動し、シンクライアントとして機能するようになる。シンクライアントは、端末内部に情報を蓄積しないため、情報漏えいのリスクを下げられるとして注目されている。価格は個別見積もりだが、100クライアント(端末)の場合298万円(税別)から。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中