キヤノン、コダック抜いて米デジカメ市場首位に

印刷

米国デジカメ市場(2006年1~3月期)で、キヤノンが初めて首位に立った。06年5月11日、日本経済新聞が米調査会社IDCの調査として報じた。キヤノンの出荷台数シェアは19.3%で、2位にはソニーが17.1%と続いた。これまで首位だった米イーストマン・コダックは、前年同期の19.7%から14.5%に大幅減となり、一気に3位に転落した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中