キヤノン、社長交代を発表

印刷

キヤノンは2006年5月12日、内田恒二副社長が5月23日付けで社長に昇格する、と発表した。御手洗冨士夫・会長兼社長が24日付けで日本経団連会長に就任するのを受けての人事。内田氏は主にカメラの開発部門を歩み、社長に選ばれた。御手洗氏は代表権のある会長にとどまる。

あわせて、個人株主を増やすため、同社株を1対1.5で分割することを明らかにした。同社の株が分割されるのは初めて。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中