三菱UFJフィナンシャル・グループが公的資金完済へ

印刷

三菱UFJフィナンシャル・グループは、投入された公的資金を2006年6月9日に完済すると06年6月5日に発表した。完済はメガバンクで初めて。現在の公的資金の残高は2,974億円。すべてが優先株で預金保険機構が保有している。これを1株150万9,200円で売り出し、売却額は4,184億円程度となる。国には約1,200億円の売却益が生じる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中