「投資立国」で、投資収益の拡大が重要 通商白書

印刷

経済産業省は2006年6月22日、2006年版通商白書を閣議に提出し、了承された。少子高齢化で日本の経済成長が低下することに懸念を示し、アジア向けに投資を拡大すると同時に、海外への投資を拡大し「投資立国」になることが重要だと提言している。また、日本企業の投資が収益率の低い欧米中心ではなく、これからの成長が期待できるアジアにシフトすべきだとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中