ユニクロ 有害物質検出で衣料1万5千点回収

印刷

ユニクロは2006年6月26日、06年3月6日~6月20日の間に販売した乳幼児衣料品に、基準値を超える有害化学物質ホルムアルデヒドが検出されたため、商品を回収する、と発表した。該当するのは「BIストレッチカットパンツ」のうち、カモフラ柄の商品約15,000点。回収後、商品代金は現金書留で払い戻される。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中