企業はフリーター採用に消極的 経団連調べ

印刷

日本経団連は2006年8月23日、若年者雇用に関する調査で、35歳以下の正社員の数が足りないと感じている企業が8割近くであるにもかかわらず、フリーターの採用に消極的である、との結果を発表した。
35歳以下の正社員の数が足りないと感じている企業は78.7%。一方、フリーターの採用については、「採用しない」が24.3%、「採用には消極的だが、経験・能力次第では採用したい」が64.0%、「積極的に採用したい」は1.6%だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中