「粉飾に使っていると思った」ファンド社長証言 堀江被告公判

印刷

ライブドア事件で、前社長の堀江貴文被告の第2回公判が2006年9月5日、東京地裁で開かれた。ライブドアが粉飾決算に利用したとされる、投資事業組合(投資ファンド)を運用していた会社社長が検察側の証人として出廷し、「投資ファンドで、粉飾など、なんらかの操作をしているのかと思った」と述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中