旧JALと旧JASが完全統合

印刷

日本航空の事業子会社である日本航空インターナショナル(旧日本航空)は2006年10月1日、日本航空ジャパン(旧日本エアシステム)を吸収合併し、新生「日本航空インターナショナル」が発足した。02年に持ち株会社を設立してから、便名の統合や機体デザインの統合を進めてきたが、今後は社員の勤務条件の統一などを本格化させる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中