任天堂 DSを美術展の鑑賞ガイドに利用

印刷

任天堂の携帯ゲーム機「ニンテンドーDS Lite」を美術展の鑑賞ガイドに利用する試みが、2006年11月11日から東京・渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムで開催される「スーパーエッシャー展」で行われる。同社が新たに開発したソフトを使い、美術作品の音声案内のほかに、ゲーム機の画面上で作品の拡大図なども見ることができる。無料で貸し出される。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中