2019年 2月 18日 (月)

亀田批判のテレ東社長 記者にダントツ人気

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   免許制のテレビ局の社長は月1回の記者会見がある。一般企業に比べれば個性豊かな顔ぶれになるが、ダントツの人気者はテレビ東京の菅谷定彦社長(67)。先日の会見でもプロボクシンクの亀田興毅選手を「日本の恥」と切り捨てた。こうした庶民寄りの発言が人気の秘訣のようだ。

   「亀田=日本の恥」発言は2006年9月末の定例会見であった。「スポーツは健全なエンタテインメント。へんなボクサーの試合以外はね」と8月の対ランダエタ戦に言及。そして、こう続けた。「完全に負けじゃあないですか。ああいう世界チャンピオンは日本の恥。態度を変えないと...」

タブーである巨人戦放送権料を暴露

テレ東社長、記者の間で大人気
テレ東社長、記者の間で大人気

   菅谷社長の矛先は中継したTBSにまで及んだ。「TBSも責任がある。健全な番組を提供するテレビ局のあるべき姿じゃない」。さらに、巨人戦中継の放送権料にも触れて「放送時の巨人の順位によって額を増減する制度を導入するよう申し入れている」と記者への"リップサービス"は止まらなかった。

   テレビ局社長の他局批判は通常はご法度だが、菅谷社長はおかまいなし。テレ東の広報は社長会見のつどビクビクだが、菅谷社長はどこ吹く風だ。これまでの"前科"も多い。
05年のNHK紅白歌合戦のさいには「みのもんたが(紅白の)司会なので古い歌をやるんでしょう。うちの路線に近づいてきた」。テレ東は紅白の裏番組で「年忘れにっぽんの歌」を放送しているのでNHKの紅白を皮肉った。
   06年5月、巨人戦視聴率低迷については「(巨人は)金に飽かせて4番バッターばかり取っているのは大嫌い。そういった雰囲気が(ファンの間に)広まっている」。さらにタブーである巨人戦の放送権料(1億円)を明らかにした。楽天のTBS株買占めには「報道機関は公正中立が大事。特定の株主が前面に出てくるのは自殺行為。三木谷さん(楽天社長)は撤退すべき」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中