ロッテが逆転勝訴 比較広告でグリコに

印刷

江崎グリコがガムの広告で「一般的なキシリトールガムに比べ約5倍の効果」としたのは虚偽だとして、ロッテが広告差し止めと10億円の損害賠償を求めた裁判で、知財高裁は2006年10月18日、請求を棄却した1審東京地裁判決を破棄して広告差し止めを認めた。グリコが出した実験結果に合理性はないとしてロッテ側が再実験を要求、高裁も再実験を提案したが、グリコ側が応じなかった。損害賠償は認めなかった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中