インターネットで遠隔操作ができるロボット

印刷
バンダイが発売する「ネットタンサー」(イメージ)
バンダイが発売する「ネットタンサー」(イメージ)

バンダイは、インターネット経由でロボットの遠隔操作ができるホームロボット「ネットタンサー」の販売受付を、2006年12月16日午前10時からバンダイロボット研究所ホームページ上で行う。このロボットは、装着されたカメラの映像を無線LANを通じてパソコン画面で見ながらリモートコントロールできる。外出先からインターネット経由で自宅のネットタンサーを操作し、留守中の家の様子やペットの様子を確認するという使い方も可能だ。価格は税込みで50,000円。(写真はイメージ)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中