ANAがインターコンチネンタルと提携

印刷

全日本空輸(ANA)は2006年10月23日、英国インターコンチネンタル・ホテルズ・グループ(IHG)とホテル事業で提携すると発表した。ホテル運営のための新会社を共同出資で設立し、世界的なホテルチェーンであるIHGのブランド力や予約システムなどのノウハウを活用し、ANAはホテル事業の競争力を強化する。2007年4月に「東京全日空ホテル」を合同ブランド「ANAインターコンチネンタルホテル東京」に変え、その後約1年半かけて国内のANAホテルの名称を順次合同ブランドに変更していく。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中