オレ流落合監督 批判ブログが炎上

印刷

   日刊スポーツのサイトに掲載されているブログ「世界一小さい新聞」が炎上している。中日の落合博満監督への「人格批判」ともとれる内容で、そこに批判が集中した。「マスコミの記事って”何様のつもり”」「あなたの取材経験の有無を疑います」「マスコミは何か勘違いしているのでは」といったコメントだが、そこには誤解もあった。

   「コリンズ監督のツメのアカでも」と題されたブログは2006年10月22日にアップされた。ブログには「オレ流の陰で泣くのは、まずスポーツ新聞をはじめとするマスコミ関係の記者だ」「ほとんどコメントでの協力がない、エピソードがないため記者は、紙面づくりに苦労が耐えない」「勝利のためには『人を道具』と見なしている」「野球ファンである読者は、スポーツ新聞を買ったことに見合った何かを得たいと期待しているのだ」などと書かれている。

批判は「落合監督の『言動』に起因している」

「炎上」は今後も続く?
「炎上」は今後も続く?

   これに対するコメントは06年10月27日17時30分までに217カキコまれ、ほとんどが筆者の「よしだまさゆき」氏の批判であり、マスコミ批判だ。さらに、まさゆき氏が「読みが浅いですね」「ほら、結局、『マスゴミ』という人たちは、その『マスゴミ』の情報を頼りにしているでしょ?」などと返答するものだから批判はヒートアップ。

   両者の攻防戦はこんな具合だ。

「これにかぎらずですがマスコミの記事って“何様のつもり”って思うこと最近多いです」

   に対し、まさゆき氏のコメントは

「私の文章は、ヨタ話でも、中傷記事でもなく、落合監督の人口に膾炙した『言動』に基づいた文章です。私の文章に不快さを感じるのでしたら、落合監督の『言動』に起因しているのです」

   「落合の何を知っているのですか?直接、取材でもしたことがあるでしょうか?」には、

「『会ったことが無い』ローマ法王批判やブッシュ批判、将軍様の批判はできなくなりますね。それとも、落合監督は、ローマ法王以上の方ですか」

    「マスコミに対しての態度が悪いと批判する前に記者達はすべきことがあると思う」には、

「取材記者は万能でもないし、落合監督も同じ。記者は落合監督の無知はつけない。監督はつく。なぜか、考えてみたらどうですか?」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中