法人申告所得、14年ぶり50兆円超える

印刷

国税庁は2006年10月26日、05年事務年度(05年7月-06年6月)に税務申告した法人の所得総額が50兆3,974億円となり、前年度から16.7%増えたと発表した。14年ぶりに50兆円を突破した。法人税の黒字申告した法人の割合は31.9%で、前年度比0.4ポイントの上昇。また、黒字申告1件あたりの所得金額は5,661万円(前年度比14.5%増)で過去最高だった。景気回復が税務申告でも明白になった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中