消費者金融3社 大幅赤字転落

印刷

消費者金融大手のアコムアイフルプロミスの3社は2006年10月30日、06年9月中間期の連結決算の最終損益の予想を、これまでの黒字から一転して赤字とする下方修正をした。赤字額は3社合計で6,200億円に上る。「グレーゾーン金利」の返還請求が相次いでおり、高金利で拡大してきた消費者金融大手の業績悪化が鮮明になった。武富士も赤字になる見通しだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中