大学卒の「ニート」「フリーター」が減少

印刷

2006年3月の大学卒業者で、06年5月までに進学も就職もしていない者は82,000人で、05年より16,000人減っていることが、文部科学省の調査でわかった。卒業者に占める比率は14.7%と05年より3.1ポイント低下した。「一時的な仕事に就いた者」は17,000人で、これも3,000人減少して全卒業者の3.0%と、05年より0.5ポイント低下した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中