2018年 9月 25日 (火)

ワイドショーは「いじめ」 亀田選手が反論

印刷

   「疑惑の判定」から4ヶ月、12月の防衛戦に向けて練習を進めるボクシング・ライトフライ級王者の亀田興毅選手だが、バッシングはまだ収まらない。そんな中、自らのブログで、いじめ問題についての文章を書き込んだ。自身への批判に対して「あいつらは平気でテレビを使っていじめをしてんねん」と、ワイドショーのコメンテーターに矛先を向ける内容で、ネット上ではこれに冷淡な反応しかない。

「俺が腹立つんは、テレビで喋ってるやつらや」

亀田批判は「いじめ」?
亀田批判は「いじめ」?

   亀田選手は2006年11月4日、報道陣に対して練習の様子を公開し、「今まではケンカでやってきたが、次からはちゃんとボクシングする」と、技術面の強化に向けての意気込みを語った。 同日、自身のブログに「いじめ問題。」というタイトルの文章を掲載、いじめ問題の報道に接して「ほんまにかわいそうやと思う。胸が痛くなるよ」との感想を述べている。その上で、「俺はいじめはなくなれへんと思う。大人になってもいじめはあるんやから」と、話題は自らに向けられた批判への反論に移り、このように、亀田選手を批判する人々を非難している。

「俺が腹立つんは、ワイドショーでいじめのことについてテレビで喋ってるやつらや。『いじめは絶対にだめです』とかいろいろ言うてるくせに自分らは平気でテレビを使っていじめをしてんねんから。俺が一番いい例や」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック