広告入り用紙を使い「1枚5円」コピー

印刷

東京電力グループの「リベレイト」は、2006年11月15日、余白に広告が印刷されたコピー用紙を使ったコピーサービスを、コンビニam/pmの都内2店舗で試験的に始めた。従来の広告無しのコピー機と広告付きコピー機を並べて設置し、広告付きコピーで出力した分は料金の半額をレジでキャッシュバックする。 07年1月末まで実験し、結果を踏まえて07年度には約1,000店舗への導入を目指す。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中