2019年 4月 21日 (日)

セガ「DC」復活か! 新作登場でファン騒然

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   湯川専務のテレビCMで一世を風靡したセガの家庭用ゲーム機「ドリームキャスト」(DC)用の新作ゲームが2007年2月に登場する。DCは2001年3月に製造中止になっているが、このニュースを聞き、2ちゃんねるでは、「ひょっとして、セガが新しいゲーム機を出すのでは」といった期待感も出ている。

   セガといえば、「スーパーファミコン」時代は「メガドライブ」、「プレイステーション」(PS)では「サターン」、そして「PS2」では「DC」とテレビゲーム機のライバル関係にあり、最初は販売台数でデッドヒートを演じていた。しかし、結局家庭用ゲーム機事業の赤字が膨らみ、サミーと合併することになった。

新作登場はだれも想像していなかった

ネット上の期待の声に反して、今後の新作の発売予定はないという
ネット上の期待の声に反して、今後の新作の発売予定はないという

   昔からのセガファンは、セガ独特の雰囲気がある「ハード」に対する思い入れが根強く、今でもこれらのゲーム機を引っ張り出してきては遊んでいるファンもそれなりにいる。

   発売されるソフトはシューティングゲームの「トリガーハート エグゼリカ」。06年5月にゲームセンターに登場した業務用ゲームだが、それをDC用に移植する。
   実は、「DC」用ソフトに関しては、06年3月23日発売のシューティングゲーム「アンダーディフィート」が最後とされ、セガのホームページにも「ドリームキャストの最後を飾るのは、このソフトだ!」などと書かれていた。
   だから、まさか新作が登場するとはだれも想像していなかった。

   「マジかマジかそれはマジなのか絶対買うぞ買わせてもらうぞ」「DCユーザーとしては心意気を買いたい」「一人最低3つは予約しよう!!」などと購買をあおるカキコミが「2ちゃんねる」でも出ていて、「ドリームキャストに期待の新作発表で、PS3、Xboxマジ脂肪」「DCが息をふきかえしたってことはまさかSEGA新ードがっ!?」「正直ソニーがこけた今、セガが新ハードですべりこむしかない」などと、セガの新ハードへの期待まで出る始末なのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中