2018年 5月 20日 (日)

「見せ場少ない」紅白のみどころは?

印刷

   なにかといえば「地味だ」「見所が少ない」とされる今回の紅白であるが、そんな紅白の楽しい観戦のしかたを、地中奥深くまでボーリングしてみよう。

小林幸子の“豪華衣装”に挑戦!? DJ OZMA

   まず、紅白のプロデューサーが「最大の見せ場」と自負するのは「小林幸子×DJ OZMA」である。小林の”豪華衣装”は紅白の定番――とはいえ、身につけた本人が自分で動かせなようなものを「衣装」と呼んでいいのか、あれを見てどう喜べばいいのか、思い悩んでいた視聴者も多いだろう。

   そこで今年は、白組のアーティスト、DJ OZMAが小林に挑戦する。小林へのプロテストの意味をこめ、「一世一代の脱ぎっぷりをみせる」と宣言。”裸の衣装”で小林を秒殺する構えだ。なお、OZMAは氣志團のボーカル、綾小路翔と同一人物だと噂されるが、本人は否定している。

   今年3月の離婚以来、はじめて同じ舞台に立つ、森進一と森昌子・元夫妻。(夢が)モリ・モリ対決の勝敗も注目される。曲目は「バラ色の未来」の昌子に対し、進一は「おふくろさん」 。やはり男は女房よりも母親だ、と言いたいのか!? 曲目から判断するに、離婚後の明暗はクッキリわかれてしまったらしい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中