各社が次々と「スマートフォン」発売 PC並み新型携帯電話端末

印刷

   キーボードを備え、インターネット閲覧や文書作成などパソコン(PC)並みの機能を備えた新しいタイプの携帯電話端末が通信各社から相次いで発売されている。電話が付いた小型PCとも言える端末で、「スマートフォン」と呼ばれる。欧米に比べ日本では普及が遅れていたが、外出先でPC同様の事務作業をしたいビジネスマンや、インターネットのブログやミクシィなどSNS(ソーシャルネットワークサービス)を出先でも楽しみたいという個人の間で人気を呼び始めている。

ウィルコムが先導

NTTドコモが売り出したHTC社製のスマートフォン
NTTドコモが売り出したHTC社製のスマートフォン

   国内でスマートフォンが広がるきっかけになったのが、2005年12月にウィルコムが発売したPHS端末「W-ZERO3」。シャープ製で、スライド式キーボードと米マイクロソフト社の基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」携帯電話版を搭載している。これまでの販売台数は、2006年7月発売の後継機(実勢価格2万5,000円前後)と合わせて約50万台にのぼったとみられる。加入者数430万人の同社では空前のヒットを記録だ。
   一方、NTTドコモが最初にスマートフォンを売り出したのは05年7月だった。これはモトローラ製だったが、06年7月には台湾HTC製を法人向け限定で、さらに同じものを06年10月にネットで個人向けに発売した。ソフトバンクモバイルも06年10月に、やはり台湾HTC製のスマートフォンを発売した。HTC製の実勢価格は7万円前後とかなり高いが、販売は順調という。
   人気の秘密は、PC用の文書作成ソフトや表計算ソフトを使った文書ファイルが閲覧できるほか、メールで添付ファイルも送受信できるなど、PC並みの使い方ができる点だ。キーボードを備えていてもポケットに収まるコンパクトなサイズに仕上げた使い勝手のよさと相まって、ユーザーに高く評価されているようだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中