2019年 4月 24日 (水)

「Vista」の文字化け 編集者に深刻な事態

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   いよいよ一般向けの発売が迫った次世代OSの「Windows Vista」。2007年1月15日に行われた報道機関向けの発表会では、PCメーカー18社がVistaに対応した新製品を発表した。その一方で、従来のOSで作成した文字が、Vistaでは違った字体で表示される、という問題を指摘する声も挙がっている。マイクロソフト社も、対応するフォントを提供するなどの対策を講じてはいるが、細かい字体の違いを重視するユーザーは、注意が必要だ。

Vistaのフォントは新規格に対応したのだが

XPでは上段のように表示される漢字が、Vistaでは下段のように表示される
XPでは上段のように表示される漢字が、Vistaでは下段のように表示される

   製品には「地デジ対応チューナー」を搭載するなど「家電」としての機能を大幅に強化、セキュリティー面が向上するなど、様々な面が刷新されたVistaだが、刷新されたポイントのひとつが、日本語のフォント環境だ。従来は文字コードの制約のため、「印刷物で使われている漢字とPC上に表示される漢字が異なる」、つまり、「略字」の使用を余儀なくされていた、という問題が生じていた。Vistaのフォントは新規格に対応し、「正しい」文字で表示できるようになった、というのだ。今回の新規格では文部科学省の国語審議会が答申した「表外漢字字体表」が採用されており、これには、基本的には「旧字」の字体が取り入れられている。

   だが、単純に「旧字なので正しい漢字だ」とはいかないのが悩ましい問題なのだ。例えば、「辻」と入力したファイルをXP以前のOSで作成し、それをVistaで開くと、二点しんにゅうの旧字形の「つじ」に入れ替わってしまうのだ(画像参照)。人名などで一点しんにゅうの「『辻』さん」が正しい名前の表記、という人も少なくない。そのような人が二点しんにゅうの「『つじ』さん」と表記されたら、困惑するに違いない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中