2020年 12月 6日 (日)

バブル再来の象徴 家賃500万円のマンション

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   港区六本木に、なんと家賃月500万円のマンションが出現する、というので話題になっている。バブルの絶頂期でさえ、東京の家賃の最高額は300万円程度。しかも、すでに入居の倍率は高いそうで、「リバブル(バブル再来)」の象徴になっている。

   話題のマンションは、防衛庁跡地に建設中の複合施設「東京ミッドタウン」の一角に位置し、2007年春竣工予定だ。居住区域は3棟のビルに分かれていて、「パークサイド・タワー・アット・ザ・リッツ・カールトン東京」が最高級の棟。

リッツ・カールトンのコンシェルジュサービスが受けられる

2007年春竣工予定「東京ミッドタウン」のイメージ。中央にそびえるミッドタウン・タワーの左手奥が「家賃500万円」のマンション
2007年春竣工予定「東京ミッドタウン」のイメージ。中央にそびえるミッドタウン・タワーの左手奥が「家賃500万円」のマンション

   06年7月15日号の「週刊東洋経済」や07年1月23日号「週刊エコノミスト」が「一部の賃貸物件は家賃月500万円」と報じている。「東京ミッドタウン」プロジェクトの中心である三井不動産では、賃料や間取りなどの詳細は公表できない、とし「家賃月500万円」については否定も肯定もしなかった。

   HPによると、「パークサイド」は世界的に名高い「ザ・リッツ・カールトン・ホテル・カンパニー」のコンシェルジュ、ドアマンサービスやハウスキーピングが受けられ、ゲストをもてなすラウンジ、会議スペースなどを併設していることが特徴。占有面積の最高は約500㎡(ペントハウス)。全戸数244。 「家賃月500万円」はペントハウスあたりだと思われる。

   高級物件の賃貸業務で草分け的な存在の「ケン・コーポレーション」営業推進部に、J-CASTニュースが聞いてみた。

「このマンションのサービスや設備がいくら優れているとはいえ、かなり高額で、特殊な賃貸マンションではないか」

   と話した。
   ここ数年で、質の高い高級賃貸マンションのニーズは確実に増えており、女性企業家が会社の経費で住んだり、外資系の幹部が会社から補助を受けて住んだりしているそうだが、それでも「500万円」というのはケタ外れらしい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中