「ドラえもん」パロディー本 「大ヒット」で困った事態

印刷

   有志が集まって作成する「同人誌」に掲載したマンガをきっかけに、プロ漫画家への道を歩んでいくという例も少なくない。だが、同人誌の中には、既存のマンガのキャラクターや舞台設定を借用しているものも多く、著作者の許可を受けないと、法的には「著作権侵害」だ。小規模ならば黙認されてきた同人誌だが、「大ヒット作」が生まれたために版元も「厳格に対処する」ことを表明。同人誌の文化と著作権の問題をどのように折り合いを付けるかが、今後の課題として浮上している。

   産経新聞の連載「知はうごく」が注目を集めている。著作権の周辺事情について特集しており、例えば、漫画家の松本零士さんが、著作権の保護期間を50年から70年に延長しようとする取り組みを始めた経緯などを紹介している。

怠け者のはずののび太が猛勉強して科学者になる

「コミケ」が開かれる東京ビッグサイト。開催時には全国から約40万人が集まる
「コミケ」が開かれる東京ビッグサイト。開催時には全国から約40万人が集まる

   特に注目を集めているのが、1月31日に掲載された内容だ。小規模の流通であれば版元も黙認してきた同人誌だが、「大ヒット作」が出てしまい、ついに目をつぶってはいられなくなった、という内容だ。

   渦中にあるのは、「ドラえもん最終話」というタイトルの漫画本。日本人なら誰でも知っていると言っても良いほどの有名マンガ「ドラえもん」のパロディーだ。ストーリーは、「ドラえもんの最終回」と称するチェーンメールが90年代末から流行、半ば「都市伝説」と化していたものに対してアレンジを加えたものだ。

   そのあらすじは、

「ある日突然、ドラえもんが故障して動かなくなる。ドラえもんを再び動かそうと、怠け者のはずののび太が猛勉強して科学者になる。そして、未来の世界でドラえもんを作ったのは、実は大人になったのびた君だったことが分かる―」

というもの。
   05年末に、他の同人誌と同様にひっそりと発売されたが、感動的なストーリーと、同人誌としては質が高かったこともあって、ネット上で話題になり、ストーリーをまとめた「フラッシュ」も制作された。その結果、出荷部数は、同人誌としては異例の1万5,500部に達した。

   実は同人誌には、「2次創作」と呼ばれる、作品のキャラクターなどを借用して、独自の作品を作る手法が多く用いられている。これを原作の著作者に無断で行うことは、法的には著作権侵害となるが、この「ドラえもん最終話」は、ドラえもんの版権を持つ、小学館の許諾を受けていなかったのだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中