2019年 6月 19日 (水)

「20年たっても講談社に狙われている」 東国原知事が特派員協会で講演

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   東国原英夫・宮崎県知事が2007年3月14日、東京・有楽町の外国特派員協会で講演を行った。スピーチ時間の大半を自らの生い立ちについての漫談に費やした。「一番かっこ良かったこと」として、「フライデー編集部襲撃事件」について触れ、「20年たっても講談社に狙われている」とジョークを飛ばし、会場を沸かせた。

シュワルツェネッガーでなくレーガン元大統領と比べられたい

今日の講演は「まぁ50点ぐらい」と東国原知事
今日の講演は「まぁ50点ぐらい」と東国原知事
「あ、あ、あ。It’s fine today.(本日は晴天なり)」

という第一声に続き、

「お招きいただいて非常に光栄。質疑応答では、週刊誌やワイドショーのレポーターみたいに、シビアな質問や間抜けな質問はやめてください。私のことをアーノルド・シュワルツェネッガー氏と比べる人がいて、これは光栄なことなのですが、むしろ、ロナルド・レーガン元大統領と比べられたいです」

と英語で挨拶、会場の記者の笑いを誘った。

   それ以降は日本語で、小学生の時、文集に「将来は政治家とお笑い芸人になりたい」と書いたのをきっかけに、芸人への夢を持ち続けてビートたけし氏に弟子入りするまでの経緯を紹介、「その(たけし氏のもとでの)学びが(今の)原点になっている」などと話した。

   たけし氏の「一番かっこ良かったこと」として、1986年の「フライデー編集部襲撃事件」についても触れ、フライデーを発行している講談社発行の「週刊現代」が日本テレビ女性記者による「知事宅お泊まり騒動」の記事を毎週掲載していることを念頭に、

「あれから20年たっても、まだ私は講談社に狙われている」

と、ジョークを飛ばした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中