2020年 3月 29日 (日)

槇原が松本を「盗作問題」で提訴 泥仕合勝つのはどっちだ

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   歌手の槇原敬之さんが漫画家松本零士さんを提訴したことが2007年3月23日にわかった。「作品を盗作された」としていた松本さんが、「法的処置は考えていない」と発言したことで、二人の争いはうやむやのまま終わるかに思われたが、「盗作」呼ばわりされた槇原さんの怒りは収まっていなかった。ヤフーはこの件について緊急アンケートを実施。約60%が「泥仕合を更に悪くした印象」など、訴えた槇原さんにマイナスに働くと回答している。

「盗作者」とされたまま、活動を続けるのに納得できなかった

槇原氏のウェブサイトでは、特に裁判についてのコメントは掲載されていない
槇原氏のウェブサイトでは、特に裁判についてのコメントは掲載されていない

   2007年3月22日付けの「日刊スポーツ」は、

「槙原はこのほど、松本氏に盗作した証拠の提出を求める『著作権侵害不存在確認等請求』の訴えを東京地裁に提出した。証拠が示されなかった場合、仕事上のダメージを受けたとして、2200万円の損害賠償を求めるとしている。来週、第1回口頭弁論が予定されている」

とし、槇原さん側はシンガーソングライターにとって最も屈辱的な「盗作者」とされたまま、活動を続けるのに納得できなかった、と書いている。

   この騒動はJ-CASTニュースが「槇原VS松本零士『盗作』騒動泥仕合」(06年11月 9日付け)で報じたように、槇原さんが人気デュオ「CHEMISTRY」に提供した「約束の場所」(06年10月4日発売)の歌詞と、松本さんの代表漫画「銀河鉄道999」の文章がそっくりだと、松本さんが槇原さんに抗議をした。
   問題の部分はこうだ。

『時間は夢を裏切らない 夢も時間を裏切ってはならない』(松本さんの文)
『夢は時間を裏切らない 時間も夢を決して裏切らない』(槇原さんの詩)

   槇原さんの所属事務所は「槇原が自分の言葉で作ったもの」と完全否定。「銀河…」を読んだことすらないとした。槇原さんは自身のブログに06年11月7日付けで、

「今回私が創作した歌詞は全くのオリジナル。松本氏が本当に盗作だとお考えならば、メディアを使って騒ぎ立てるのではなく、正々堂々と裁判で決着していただきたい。さもなければ、公式な謝罪を頂きたい」

   それに対する松本さんの意見がサンケイスポーツに掲載された。

   「『どっちが謝らないといけないのか分かっていない』と反発。槇原の主張に『自分が恥をかくだけなのに何を血迷っているのか…』と首をかしげた。また、槇原が法的手段での決着を望んでいることには、『裁判で争う気は毛頭ないが、提訴されたら受けてたつ』と明言した」(06年11月8日付けの紙面)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中