創価学会池田会長発言 「庶民の王者」の意味不明

印刷

   創価学会の池田大作名誉会長が、中国の温家宝首相と会談した際にした発言が波紋を呼んでいる。「うれしいです。庶民の王者に会ってくださ・・・」という一節だが、発言の語尾がはっきりしないため、さまざまな解釈、憶測が出ている。「庶民の王者に会ってください」といったというのが公式解釈だが、これは意味不明。ネット上では「庶民の王者である私に(首相が)会ってくださって」嬉しいのだと解されている。

ANNニュースは「庶民の味方である私と」

一部報道では「庶民の王者と会ってくださって」と解したようだ(ANNより)
一部報道では「庶民の王者と会ってくださって」と解したようだ(ANNより)

   池田名誉会長は2007年4月12日、都内のホテルで温家宝首相と30分にわたり会談。冒頭がマスコミに公開され、池田氏は「閣下、光栄です。うれしいです。政治家ではなくて庶民の王者と会ってくださ・・・」などと温首相に対して語った。池田氏が要人と会談する様子をマスコミに公開するのは異例。しかし、この「庶民の王者と会ってくださ・・・」の末尾が聞き取りにくかったことから、話題を呼んでいる。

   テレビ朝日系のANNニュースは、池田氏の発言について次のようにテロップを入れた。

「光栄です うれしいです。政治家ではなく、庶民の味方である私と会っていただいて」

   テレ朝の担当者には「嬉しいです。庶民の王者(である私)に会ってくださって」と聞こえ、それを「庶民の味方」と意訳したようだ。
   これが発端となったのか、ネット上では「嬉しいです。庶民の王者(である私)に会ってくださって」と池田氏が発言したとの見方が広がった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中