2020年 7月 4日 (土)

東京23区のマンション販売半減

印刷
毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

2007年3月の首都圏のマンション発売戸数が前年同月比28.0%減の5,463戸となり、3カ月連続で前年を下回った。不動産経済研究所が07年4月16日に発表した。地域別では、東京23区が同マイナス54.0%と大きく落ち込み、神奈川県が同33.4%減、埼玉県が同16.8%減だった。ただし、23区外の東京都内は28.1%増、千葉県は18.5%増だった。一方で、東京23区の新築マンションの平均価格は同24%高い6,044万円となった。業者の「売り惜しみ」と、地価上昇を受けたマンション価格の上昇傾向で売れ行きが鈍ったとみられる。

姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中