人気サイト「泣かぬなら~」 「盗用」疑惑でネット大騒動

印刷

   累計1,000万アクセスを突破し、「日本一の個人日記」といわれ、書籍化までされた人気サイト「泣かぬなら殺してしまえホトトギス」に、「盗用」疑惑が持ち上がっている。別の人気サイトの「盗用」ではないか、というのだ。話しのネタが似ている上に、表現が酷似している箇所があるため、「盗用だ」という指摘が相次ぎ、2ちゃんねるミクシィなどを含めて、ネット上で大騒ぎになっている。

   問題になっているのは「泣かぬなら殺してしまえホトトギス」というサイト。スネ~クというハンドルネーム(ネット上の名前)の人物が悪徳業者などを相手に繰り広げる話が面白おかしく書かれている。これが評判を呼び、2007年4月には角川SSコミュニケーションズから書籍化された。この書籍によると、1日平均で1万アクセス、累計1,000万アクセスを達成した、「日本一の個人日記」だという。

ネタが似ていて、表現も酷似している箇所がある

ネット上で「盗用」が指摘されている人気サイト「泣かぬなら殺してしまえホトトギス」
ネット上で「盗用」が指摘されている人気サイト「泣かぬなら殺してしまえホトトギス」

   本が出版されると、ネット上では「盗用」を指摘する声が上がり始めた。

   ネット上の掲示板「2ちゃんねる」では、「人気サイトnumeriをパクった挙句出版、numeriをパクリと主張」と題されたスレッドなどが立ち、「盗用」を指摘する声が上がり、「泣かぬなら殺してしまえホトトギス~パクリ疑惑Wiki」と題された「検証サイト」まで登場した。「numeri」と題された別の人気サイトからの「盗用」ではないかといった疑惑だ。

   サイト運営者が悪徳業者などを相手に繰り広げる話が面白おかしく書かれているという点では「numeri」とそっくりで、「出会い系サイトと対決する」(「泣かぬなら~」では「出会い系女とメールで戦う」)などの逸話は、内容まで似ている。しかも、「numeri」と「泣かぬなら~」との酷似が指摘されている箇所については、「numeri」で既に書かれている、という。つまり、先に書いたのは、「numeri」だというわけだ。

   さらに「検証サイト」では、表現も「numeri」と酷似している箇所があると指摘している。それは、次のような具合だ。

   例えば、送られてきたスパムメールに書かれていたという文言では、

「アナルをぺロリですわい」(「numeri」)
「ア○ルもひとナメじゃい」(「泣かぬなら~」)

   出会い系でやりとりをした相手に大量のメールを送りつけるという場面の表現では、

「今度はサービスして2000通送ってあげました」「~を特盛で3000通送っておきました」(「numeri」)
「3000件の出血大サービスで送ってやりました」「手加減の2000件送って差し上げてから」(「泣かぬなら~」)

といった具合だ。さらには、芸能人の発言や著作の表現など、多数の「盗用」があると「検証サイト」は指摘している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中