2019年 8月 17日 (土)

本一冊丸写しで逮捕 こんなケースがこれから増える

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   作家の書いた書籍のほぼ全てを無断で丸写し。ホームページに掲載した大阪府堺市の派遣社員男性(43)が著作権法違反の疑いで2007年5月14日に逮捕された。「アフェリエイト収入を得ることが目的」だったというが、文章の丸写しで逮捕されるのは極めて珍しく、これを機に同様の告訴が増加すると見られている。

削除を要請したものの削除されなかった

丸写しされた「最新版 香水の教科書」。丸写しはアフェリエイト収入が目的だったという
丸写しされた「最新版 香水の教科書」。丸写しはアフェリエイト収入が目的だったという

   丸写しされた書籍は、香水コンサルタント榎本雄作さんが書いた「最新版 香水の教科書」(学習研究社刊)。逮捕された男性は約100のURLを持ち、そのURLのほとんどを使って、無断で書籍のほぼ全てである109章分の文章を手動でアナログ入力し掲載していた。榎本さんは自分の著作物が無断で使用されていることを知り学研に相談。学研は06年9月に2回に渡り男性に削除を要請したものの削除されなかった。

   学研はコンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)に連絡し、榎本さんと学研は男性を告訴。千葉県警生活経済課と柏署が07年5月14日に逮捕した。男性の目的は「アフェリエイト収入を得ること」で、月に10万円ほどの収入を得ていたという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中