幼稚園教諭の時給がアップする「未来時給」ってホントなの?

印刷

   幼稚園教諭の時給が将来上がるのだという。2004年の時給が「1564円」。それが「2246円」になる。2007年5月19日付の週刊東洋経済が「あなたの給料は激変する!『未来時給』」という特集のなかで報じた。先進国では見られるように、幼児教育が拡大し、それに伴って上昇する可能性があるとし予測している。

時給がボーダーレスになる

   幼稚園教諭は、先進国と比べると英国、ノルウエー、米国、ドイツ、カナダに次ぐ第6位の水準にある。

   「未来時給」とは、将来仕事が同じであれば国が違っても時給は同じ水準に収斂するという仮説のもと、週刊東洋経済が米・英などの先進国の職業別時給を参考に弾き出した独自の指標だ。今後、グローバル化が進み、時給がボーダーレスになると、企業は就労者に仕事をさせるのに「どの国の、どの人がよいのか」を世界中からさがすことになると指摘している。同誌は中国・大連にあるコールセンター業務を例に、日本人と中国人が同レベルの賃金水準で働いていると伝えている。すでに時給のボーダーレスは始まっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中